BTSWORLD 攻略情報>

韓国旅行するのにおすすめなクレジットカード・JCBカードで受けれる恩恵・両替情報

韓国旅行でオススメなクレジットカードはどんなものでしょうか?

韓国は世界1位のクレジットカード大国でもあるので現金よりカードを利用する事多いと思います。1枚は持っていくといろいろ便利です。

最近よく韓国に行くので自分が持っているカード体験談とあわせて調べた事をまとめたので参考にして下さい。

私はVISAとJCBカードを持っていて、今回のユンギセンイルで韓国に渡る前に楽天ゴールドカード(MasterCard)を作りました。

また韓国でもっていると便利なJCBカードの特典や、現地でのクレカの支払いは日本円かウォンかどっちが得か?

「現金はどのくらい持って行く?どのくらい両替したらいい?」といった事についても載せておきますので渡韓の際に何かあったら参考にしてみてください。

私が持っているクレカ

  1. VISAカード(楽天カードとANAカード)
  2. JCBカード(家族カードでゴールドカード)
  3. masterカード(楽天ゴールドカード)

ANAカードはアシアナ航空などマイルを貯めるようにもっていて、楽天カードがメインでした。

JCBカードはゴールドですが旦那さんの会社経由で入ったら年会費無料だったで家族カードも作ってもらいました。

このJCBゴールドカードは、日本の空港で出発ロビーでラウンジ(簡単な食事やドリンク、休憩所)が使えたり、海外旅行の保険もついているので便利です。

こちら(JCB公式サイトへ飛びます)

楽天の一般カードやゴールドカードも条件によって海外旅行保険がつきますね

事前に旅行費用を払う必要があるなど細かくあるのでチェックしておきましょう。

一番よく使うのが楽天カード(VISA)だったんですが、ほんとにポイントもよく貯まるから思い切ってゴールドカードも作りました。年会費2160円かかりますがそれ以上にポイントが貯まる(通常カード+1%)予定です。

MEMO
初めての方は楽天カードをつくるときポイ活を利用すればポイント2重取りできめちゃくちゃお得です

私は今回、もってなかったのでMastercardで楽天ゴールドカードを作りました。

また韓国の仁川空港のラウンジとハワイでも楽天ゴールドカードでラウンジ使えるという事で楽しみです。

↓年会費無料の楽天カードはこちら↓

クレジットカードのブランド 韓国で主要なカード

主要なクレジットカードは7種類あり「7大国際ブランド」とよばれています

クレジットカードのブランドの種類
  • VISA
  • MasterCard
  • 銀聯(中国)
  • JCB
  • American Express
  • Diners
  • Discover

なかでも日本でもお馴染みなのはVISA・master(マスター)・JCBこの3つですね。(人によっては違うと思いますが)

韓国で主流のカードのブランドは、VISA、Master、American Express、銀聯カード、JCBで、日本とほぼ変わらずに利用できます。

世界的に使いやすいカードと言えばVISAカードで、韓国旅行でもVISAカードが使えなかったところは(屋台は知らないですが(笑))なかったのでとにかくVISAカードを持っていけば大丈夫でしょう。

もう1枚持って行くなら韓国ではJCBカードがおすすめということが判明しました。(通常カードで可能)

韓国でJCBカードを使う事で割引などになる特典が多いのがまず一点と
明洞(ミョンドン)にJCBカードを持っている人だけが使えるラウンジがあることが判明!

荷物を預けれたり、フリードリンク、フリーWiFiや傘をかしてくれたり日本語でサービスが受けれるようなんです。

JCBカードは服を買うショップで一店舗使えなかった事がありますが持っていると恩恵が受けれていいですね。

JCBカードの優待一覧>(JCBカードのサイトへ飛びます)

あわせてVISAカードの優待も載せておきます。

VISAカードの優待一覧>

JCBプラザ ラウンジ・ソウルの特徴

 

JCBプラザ ラウンジ・ソウルは、JCBカード会員専用の海外サ-ビスラウンジ。

本人名義のJCBカードを持って行けば、韓国旅行を無料でサポートしてくれるお役立ちスポットです。

各種予約はもちろん、おすすめのお店や交通情報の収集、休憩やお荷物の当日中一時預かりまで色々なサービスが充実しています。

場所は市庁(シチョン)エリアにあるプレジデントホテルそばのソウルセンタービル6階。

ロッテホテルソウル、ウェスティン朝鮮ホテル、ザ・プラザホテルなどの人気ホテルからも近く、観光 の前に気軽に立ち寄れる便利な立地です。

「JCBプラザ ラウンジ・ソウル」のスタッフは日本語が堪能なため、韓国語ができなくても安心して利用することができるのもポイントです。

※JCBプリペイドカードは、本サービスの対象となりません。

https://www.jcb.jp/ws/plaza/lounge_seoul.html

なくしたときにも安心で、専用緊急再発行カードの即日発行が可能です。

受けれるサービス

Wi-Fi 無料サービス
ラウンジサービス
インターネット、プリントアウト無料サービス
日本語新聞、雑誌の閲覧
現地ガイドブック、情報誌の閲覧
ドリンクサービス
マッサージ機
レンタル傘サービス
お荷物の当日中一時預かりサービス
※貴重品や金券など一部、お預かりできないものもあります。

上のほかにオリジナルのサービスもあるとのことで明洞(ミョンドン)からホテルが遠い場合に荷物預かってくれたり無料wifiや日本語が通じるのも困ったときに安心ですね。

詳しくはJCBプラザ ラウンジ・ソウルへお問い合わせくださいね~

場所は市庁(シチョン)エリアにあるプレジデントホテルそばのソウルセンタービル6階

602, 6th Floor, Seoul Center Building, 116, Sogong-ro, Jung-gu, Seoul, KOREA
地下鉄1,2号線「市庁駅」6,7番間の地下通路を直進。
小公洞地下道につながり、地下道左側の1番出口を出て目の前のソウルセンタービル6階。

JCBプラザソウル

また上のようなサービスとは違いますがJCBプラザ・ソウルというのもロッテホテルの本館2階にあり

  • JCB加盟店情報
  • 観光情報
  • 予約ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット など
  • 緊急サービス:カードの紛失・盗難時のサポート

などがこちらでは受けれます

場所:2nd Floor, Lotte Hotel Main Building, 30, Eulji-ro, Jung-gu, Seoul, KOREA(LOTTE JTB内)
地下鉄2号線の「乙支路入口駅」8番出口より徒歩約5分。LOTTE HOTEL本館2階。

https://www.jcb.jp/ws/plaza/plaza_seoul.html

JCBプラザ・ソウル来店キャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2019年2月27日(水)~3月31日(日)

■キャンペーン内容
期間中、韓国でJCBカードを10万ウォン以上(合算可)利用すると、「1万ウォン分のロッテ百貨店商品券」をプレゼント!

■ 進呈場所
1. JCBプラザ ラウンジ・ソウル
2. JCBプラザ・ソウル
※プレゼントがなくなり次第、終了となります。

キャンペーン詳細はこちら>

支払いは日本円建てと現地通貨建てはどっちがいい?現地通貨がおすすめ

私が最初に行った時、カードで支払うとき円とウォンどっちで?みたいに何回か店で聞かれたんですよ。

良く分からないから円とかウォンとか(適当にw)バラバラにいってたんですが、帰国して調べたら現地通貨、つまりウォンの方が一般的とのことでした。

支払いを日本円か現地のお金(今回はウォン)のどちらか選べるサービスをDCC(Dynamic Currency Conversion)サービスというのですが、

これは日本円だといくら払ったか瞬時に分かりやすい反面、店舗によっては3~5%の手数料が取られる場合もあるので注意が必要らしいです。

なのでウォン(他の国でも現地通貨)を選んでおくのがほとんどの場合はお得になるようです^^

現金はどのくらい持って行く?どのくらい両替したらいい?安いレート

これは本当に難しいですが前回は現金は多分3万持って行って1万円だけ両替しました。

屋台とか東大門とかで払えないところはあったけど、それで充分足りました。

あとは、地下鉄乗るためのT-moneyカードのチャージにも現金つかいましたが、ほんとにコンビニとかでもめんどくさいし、得だからすぐカード使っちゃいました笑

レートがいいところはこちらの記事が参考になります。ミョンドンや東大門などがレートがいいところがおおいですね。

韓国語はちっとも話せませんが身振り手振りと英語(少し)でなんとかなるもんです。

まとめ

  • 韓国はほぼどこでもクレカが使えるので一枚あると便利
  • なくしたり使えない事を考えると2枚がベター
  • JCBカードのラウンジがミョンドンにある
  • 現地通貨建てか日本円建てをきかれたら現地通貨(ウォン)が一般的
  • 両替は明洞や東大門がレートがいい

とりあえず気づいた事や調べたクレカのことをまとめましたので参考にしてよい旅にして下さい~。

他にもいい情報あったらお待ちしてますね。

韓国 地下鉄アプリ おすすめ 使い方韓国旅行に必須!おすすめ地下鉄アプリと使い方動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。