BTS出演のCS番組&スカパーおすすめセレクト5

BTSの世界観のドラマ「Blue Sky(青空)」について

出典:BigHit entertainment

BTSの世界観と成長を描いたドラマのタイトルが「푸른 하늘(青空・Blue Sky?)にきまり本格的な製作がスタートするようです。

韓国メディアの記事です。自動翻訳なので分かりにくいところもあるかとは思います。あとタイトルも日本名でどう訳すかは微妙ですので一応自動翻訳ででた暫定ということで。

今の情報をまとめました。

韓国メディア記事

防弾少年団の世界観と成長を描いたドラマ「青空」が本格的な作りに突入する。

したドラマ局の関係者は17日、日刊スポーツに「総合エンターテイメントグループ緑ヘビが製作するドラマ「青空」が主助演のオーディションと監督ミーティングなどを作成するための最初の足を踏み出した」と述べた。

すでに今年初めドラマの制作事実は知られたが、何かまったく壊れ情報がなかった。ただ防弾少年団関連ドラマというのすべて。タイトルは「青空」に決定した。演出はキム・ジェホンPDが務める。JTBCカ国初期のヒット作である「宮中残酷史-花の戦争」「隣人の妻」「ユナの距離」「愛するには東亜」を共同演出した履歴がある。脚本は「オールドミスダイアリー」「清潭洞に住んでい」「きり」などを共同執筆したキム・スジン作家が書く。

ドラマの内容は、防弾少年団のメンバーたちの学生時代からデビュー後までを溶かし出す。もちろん大きな枠組みは防弾少年団だが、詳細な内容は、変わる。誰かの息子であり、誰かの兄弟であるメンバーたちの姿や学校での学生の記憶などフィクション(Fiction)が多く加味される。配役の名前をメンバーたちの本名ではしない。それぞれのキャラクターに新しい名前を入れ、実際どのようなメンバーとマッチングされるかを明らかかはまだ疑問符だ。

現在の主な俳優たちのオーディションを行っている。一般的なドラマが、基本的な内容が盛り込まれたシノプシスを見て俳優たちが内容を知っている「青空」は、絶対的なセキュリティが徹底して事前に流出したことがない。現場で製作スタッフが渡した「青空」の一部台本を見て演技するのがすべてだ。撮影は9月から進行する予定だ。オーディションが盛んに進んで、ある程度配役がまとまったら台本リーディングをした後、9月に最初のスタートを切るという計画だ。

計画通りに進めば、残念ながら今年の放送で見るのは不可能である。来年編成を議論中TVがないOTT(Over The Top)プラットフォームまで、さまざまな可能性を開いたままに議論している。

引用:https://n.news.naver.com/entertain/article/241/0003031685

 

別のメディア

緑蛇側 “防弾少年団ドラマ「青空」オーディション進行中」[公式立場]

防弾少年団の世界観を描いたドラマ「青空」がオーディションを進行中だ。

17日、日刊スポーツはドラマ局関係者の言葉を借りて「ドラマ「青空」が主助演オーディションと監督ミーティングなどを作成するための最初の足を踏み出した」と報道した。加えて「オールドミスダイアリー」「きり」のキム・スジン作家が脚本を執筆して「ユナの距離」「愛するには東亜」キム・ジェホンPDが演出すると伝えた。

これに対して、ドラマ「青空」の制作を担当している緑のヘビの関係者は東亜ドットコムに「主助演オーディションと監督ミーティングを進行中は正しい。しかし、日程については、現在決まったことがない」と言葉を惜しんだ。

「青空」は、防弾少年団の学生時代からデビュー後までのストーリーを溶かしフィクションドラマで分かった。

https://entertain.v.daum.net/v/20200617094935045

まとめ

  • ドラマのタイトルが「푸른 하늘」
  • BTSの学生時代からデビュー後までの世界観
  • 大きな枠組みはBTS(防弾少年団)だけど詳細な内容はかわりフィクションが多くくわえられる
  • 配役名もメンバーの名前ではしない
  • 俳優オーディション中
  • 9月から撮影予定
  • 来年公開予定

どんなのか楽しみですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。