BTS出演のCS番組&おすすめセレクト5

BTSとセブチとニューイーストが一緒の事務所に? BigHitが事務所プレディスをM&A?との記事が出るも否定

BTS(防弾少年団)の事務所BigHit(ビッグヒット)がSEVENTEENとNU’ESTの事務所プレディスをM&Aしようとしているというニュースが入ってきました。

そしてビッヒはすぐさま公式の立場で否定しました。

BTSとセブチとニューイーストが一緒の事務所に?っていう一応びっくりすぎるニュースなのでニュースの内容をまとめておきますね。

ビッヒがプレディス買収のニュースの内容

まず下の記事の要約「Big Hit Entertainmentは、NU’ESTとSeventeenの事務所であるPledis Entertainmentを買収しています。

Source Music(GFriendの事務所)の買収と同様に、PledisはBig Hitのもとで独立したレーベルになり、現在のセブチやニューイーストのリーダーシップによって引き続き管理される」との記事がでました。

 

グローバルグループ防弾少年団と世界の舞台で領域を拡張していくニューイーストとセブンティーンが家族になる。

防弾少年団の所属事務所ビッグヒットエンターテインメント(ビッグヒット)が最近、ニューイーストとセブンティーンなどが所属するプレディスエンターテイメント(プレディス)を買収する。昨年7月にガールフレンドの所属事務所ソスミュージックと手を組んだのに続いて二回目だ。12日、複数の芸能関係者によると、ビッグヒットは、最近プレディスを買収することにして、持分正譲渡に関するすべての手続きを終えた。プレディスは過去SMエンターテイメントで歌手BoAのマネージャーとして活動していたハンソンス代表が2010年7月に設立した会社だ。歌手ソン・ダムビ、ガールグループアフタースクールの続きニューイースト、セブンティーンなどを輩出した。

近いうちに、両社は関連の内容を正式に発表する予定である。ただし、この日現在、正譲渡対象持分の規模は知られていなかった。プレディスは、先にビッグヒットがソスミュージックを買収した方式と同様に、既存の経営陣が、ラベルの形で会社を独立して作動させることになる。プレディスは5月ビッグヒットが拡張移転するソウル龍山社屋も一緒に入居するとみられる。

ある関係者はこの日、「両社が手をノイズとして、今後さらに強力な相乗効果を出すことができるものと期待している」とし「特に両社のノウハウを基に体系的なアーティストの育成とコンテンツ強化、しっかりとしたグローバルネットワークの構築などの機会を開くこと”と見通した。

これによりビッグヒットは、国内の大型芸能企画社のうち、実質的に「ワントップ」の位置に上がるになった。

すでに売上高基準で「ビッグ3」と呼ばれるSM・YG・JYPエンターテインメントを跳び越えた。各社の独立財務諸表によると、ビッグヒットは、昨年上半期2001億ウォンで、SMの1215億ウォン、YGの795億ウォン、JYPの616億ウォンを抜いた。

ビッグヒットはまた、昨年3月にCJ ENMと設立した資本金70億ウォン規模の(株)ビリープレプの株式48%を保有している。これにより、今年の新しいK-POPアイドルグループを披露する計画だ。ここで、同年7月にミンフイた元SMエンターテイメント理事をブランド総括(CBO)に迎え入れ、新しいガールズグループも育てている。

ビッグヒットの「規模拡大」は、今後も続く見通しだ。ラベル拡張と事業領域別の構造改編を推進しているビッグヒットは、昨年8月に音楽ゲーム専門会社数パブを買収して目を引いた。だけでなく、パン・シヒョク代表が昨年の事業説明会を介して映画・ドラマ制作、ウェブトゥーン・出版事業などで領域を広げるには抱負を明らかにした。

記事引用&自動翻訳:https://n.news.naver.com/entertain/article/382/0000790511

セブンティーン

SEVENTEEN(セブンティーン、세븐틴)は、韓国の13人男性アイドルグループ。Pledisエンターテインメント所属。略称は「セブチ」。

2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。2018年5月30日にミニアルバム『WE MAKE YOU』で日本デビュー。公式ファンクラブ名は「Carat」(カラット) 。(引用:Wikipedia

SEVENTEEN

出典:SEVENTEENTwitter

NU’EST

NU’EST( 뉴이스트、ニューイースト)は、Pledisエンターテインメント所属の韓国の5人組アイドルグループである。

2012年3月15日に「FACE」で韓国デビュー。2014年7月30日に日本デビュー。2013年からは中国人メンバーJASONが加入しNU’EST-M、2017年から2018年までミンヒョンを除く4人でNU’EST-Wとしても活動している。メンバーのミンヒョンは2017年-2019年1月までの期間限定でWanna Oneとして活動していたが、2019年1月に復帰。(引用:Wikiペディア

NU'EST

出典:NU’ESTtwitter

上でも書いた記事の要約はコチラ

「Big Hit Entertainmentは、NU’ESTとセブチの事務所であるプレディスを買収しています。

ソースミュージック(GFriendの事務所)の買収と同様に、プレディスはBig Hitのもとで独立したレーベルになり、現在のセブチやニューイーストのリーダーシップによって引き続き管理される」との記事が1社からでました。

ただしビッグヒットは公式の立場の記事が出てすぐ否定

公式の立場で買収は決まってないと否定

防弾少年団所属ビッグヒットエンターテインメントがニューイースト、セブンティーン所属事務所プレディスエンターテイメントを買収したという報道に対する立場を明らかにした。

ビッグヒットエンターテインメント(以下ビッグヒット)関係者は13日エックスポーツニュースに”多様な機会について開かれているがお問い合わせの内容は決まってない”とプレディス・エンターテインメント(プレディス)との買収合併はしなかったと伝えた

先立ってこの日一媒体はビッグヒットが最近プレディスを買収合併することにして、持分譲受譲渡と関連したすべての手続きを終えたと報道した。

ビッグヒットは、7月のガールグループガールフレンドの所属事務所であるソスミュージックを買収した。

当時パン・シヒョク代表は「ビッグヒットとソスミュージックはアーティストを育成して管理する哲学が似ていて力を合わせようになった」とし「お互いをよく知るに買収が成功であると期待する。両社がより大きな画像を描くことができようになって喜んでいる」と述べている。

ここで、同年7月にミンフイ元SMエンターテイメント理事をブランド総括(CBO)に迎え入れ、新しいガールズグループも育てラベルの拡大と事業領域別の構造改編を進めている。

引用&自動翻訳https://n.news.naver.com/entertain/article/311/0001098721

(自動翻訳なのでおかしいところもあるかと思います。)

ビッグヒットの関係者が「多様な機会に対し開いているが、お問合せの内容は決まってない。」とビッヒとプレディスとの買収合併はしなかったと否定したのとのことです。

一度他の事務所の買収の話もちらっと前にでましたよね?話し合いはしたのかな?決まってないけど話し合いしてる?という風にも取れなくはないですが言葉って難しいw

それにしても決まってたらすごい騒ぎになっていましたよね。セブチとニューイーストのファンの方はどういう気持ちなんでしょう。

私はただただびっくりしましたね~。想像もつかない感じです。

とにかく公式の立場で「買収は決まってない。」と否定しているので一応これで話は終わりということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。